お問い合わせフォーム

業務内容 SERVICE

補助金申請サポート

当所で現在お申込を受け付けている
補助金・助成金の一覧(新潟県)

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。
  • 申請の申込締切2022年8月18日
  • 当所へのご依頼締切締切の1カ月前
事業再構築補助金
ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援するものです。
  • 申請の申込締切2022年6月30日
  • 当所へのご依頼締切締切の2カ月前
小規模事業者持続化補助金
小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。
  • 申請の申込締切2022年9月中旬
  • 当所へのご依頼締切締切の2週間前

“成功報酬型”でサポートします

不採択の場合もある助成金・補助金申請において、当所では”成功報酬型”でご依頼を承っております。
日々尽力されている中小企業の皆さまの立場に立ち、採択されなかった場合は必要最低限の着手金のみで済むようにいたします。
これから起業を考えている方も、安心してご相談ください。

経験の豊富さが
採択率の高さに繋がっています

①ものづくり補助金、②小規模事業者持続化補助金、③IT補助金の「補助金3兄弟」と呼ばれる3つの補助金で、行政書士ながい事務所は高い採択率を誇ります。
以下にこれまでの実績の一部をご紹介しております。

ものづくり補助金
採択数/率 参考
2020年 9件 -
2021年 34件 -
小規模事業者持続化補助金
採択数/率 参考
2020年 17件 -
2021年 37件 -
事業再構築補助金
採択数/率 参考
2020年 - -
2021年 3件 -
掲載許可をいただいた実績の一部
ものづくり補助金

・有限会社宮崎商店様
・株式会社オートリペアオオサキ様
・株式会社安藤商事様
・入澤製麵株式会社様

事業再構築補助金

・株式会社いかの墨様

行政書士として県で初の
「認定経営革新等支援機関」です

代表の特定行政書士・長井寿郎は経済産業局に登録しており、「認定経営革新等支援機関」となっております。中小企業様のさまざまなお悩みを解決するスペシャリストです。
行政書士単独資格としては新潟県で初めてとなる認定経営革新等支援機関であり、官公署などへ提出する書類作成のプロとして、補助金申請をサポートします。安心しておまかせください。

アフターサポートも安心です

採択後の提出資料に関しても認定支援機関ならではのアフターサポートで対応しています。
採択された後の書類づくりは依頼主様にお任せか別料金といった申請代行が多い中、採択後も安心して書類作成をお任せいただくことができます。

よくあるご質問 FAQ

補助金申請をお願いする場合、文章作成は
自分でどこまでやらないといけないのでしょうか。

補助事業の計画概要をお電話や直接会ってお聞かせいただければ、申請文章は当方で作成いたします。作成した文章の内容については、追って事業者様にご確認いただきますので、ご安心ください。

支払いのタイミングを教えてください。

ご依頼案件の着手後に手付金の請求書を発行させていただきます。おおむね1ヵ月以内にご入金をお願いしております。補助金認可後は採択後1ヵ月以内に、残りのご入金をお願いしております。

補助金申請に通るコツはなんでしょうか。

会社の強み・弱み・内部環境・外部環境などを洗い出し、分析して、なぜ補助金を使った事業が必要なのかを掘り下げることが重要です。また、専門用語は使わずに、わかりやすい言葉で伝えることが大切です。申請書を読みやすくする写真や図・グラフなどの活用も重要なポイントとなります。

ⓒ Gyoseishoshi Lawyer Nagai Office. All Rights Reserved.